読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいぜいたのしくやろうぜ

書いてる人:二木

30代からはじめる映画鑑賞。感想記事は基本的にネタバレしているのでご了承ください。

『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』(2015/日本/佐渡岳利)

 去年あたりからPerfumeのライブDVDを買って日常的に見るようになるまで、彼女たちのことはいちアーティストとして好んでいた。彼女たちをテレビ等の断片的な情報でしか知らなかったときは、私もずっと「Perfumeってアイドル、でいいの…?」と思いながら曲を聴いていた。しかし、知れば知るほどPerfumeは「プロのアイドル」だと思い知らされる。

 舞台上での動きについては、少ない言葉で打ち合わせをしただけでもぴったりと息が合う。公演する土地によって、本番直前にいろんな意見を出しながらセットリストを変更する。それはステージからの風景を見ることができる唯一の存在であるPerfume本人の経験からしか導き出せない意見なのだろう。そして咄嗟の変更にも瞬時に対応できるスタッフたちも凄い。私が知る限りでも、Perfumeは曲によって「ヘッドセット」「手持ちマイク」「スタンド付きマイク」の切替があって、そのマイク調整だけでも非常に大変らしい。曲が変われば音響は勿論、照明や特殊効果などすべての演出に変更が生じるのだ。
 彼女たちの素晴らしいパフォーマンスは3人と、そして奇跡のような才能が集まったスタッフたちが積み重ねてきた年月の結果なのだと思う。

 彼女たちが車で移動しているときの会話、楽しそうな食事風景、オフの時間にみんなで観光がてらに出歩く姿、どれをとっても完璧に可愛い。そういうところがアイドルとして夢を与えてくれる。彼女たちの笑顔を見ているだけで、私は幸せな気持ちになる。

 あーちゃんはどこまでもあーちゃんだった。私の思い描いている、優しくて楽しくて音楽が大好きな女の子。

 のっちのことは今までもよくわかんないような、もうわかっているような不思議な感じで見ていたのだけれど、あの大失敗を笑ってやり過ごせるのは彼女の元来持つあっけらかんとした性格からなのだろうというのが劇中のあーちゃんの証言でわかった気がした。

 そしていつもどっしりと構えているように見えたかしゆかが、最後に語った不安な気持ちは私が全然知らないものだった。現在のPerfumeにだってそういう一面があるということを、あまり想像したことがなかったのでびっくりした。

 永遠に見ていたいような素敵な映像でした。でも一番の収穫は、もう何年も前から心配していた彼女たちの足指の骨が、結構大丈夫そうであるという確認ができたことかもしれない。

 

2015/11/28 立川シネマシティ(極音上映)