読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいぜいたのしくやろうぜ

書いてる人:二木

30代からはじめる映画鑑賞。感想記事は基本的にネタバレしているのでご了承ください。

2016年に劇場で観た映画まとめ

イット・フォローズ(1/20)★★★☆☆
ホラーだけど映像がきれいでよかった。車椅子の固定カメラとか面白かったなー。敵のあいつが結構まぬけな姿で来るときもあって好き。怖いのは大丈夫なんだけど、突然窓が割れるみたいなドッキリがダメなせいでホラーが苦手なので、観ている間はずっと後悔してました…。

ブリッジ・オブ・スパイ(2/3)★★★★★
会話のスピード感はアクションよりテンション上がった。スパイと弁護士が信頼しあってゆく過程がなんとも言えない。スパイのじーちゃんのヨボヨボ具合が非常によかったです。

オデッセイ(2/13)★★★☆☆
知力・体力・精神力の終結みたいな話だった。展開にひっかかりがない分あっさり観終わってしまったという印象。

KING OF PRISM by PrettyRhythm(2/29)★★★★★
キンプリにハマってたのって春ごろなんだー、懐かしい…。祭りになってたので観にいってそれなりに楽しんで帰ってきたのだが、そのあとプリティーリズム・レインボーライブ全51話を観てからそのあまりの完成度にめちゃくちゃハマってしまい、映画も3回くらいは見た。とにかくプリティーリズム・レインボーライブは51のお話全てに無駄がないしキャラも凄くいいし最高です。

シェルコレクター(3/12)★★☆☆☆
芸術性が高い、としか褒める言葉が見つからなくて私はちょっとよくわかんなかったですね…。なんか芸術とセックスを結びつけるのって当たり前すぎて非常に苦手。貝の毒にやられた人が見てる夢のざらつき具合は見どころあり。

ヘイトフルエイト(3/26)評価不可
面白かったはずなんだけど、映画館の席がハズレで記憶があんまりない。

ズートピア(4/26)★★★★☆
真面目に生きているつもりが無意識に根付いていた差別心と戦う話だった。最近はPC配慮への主張のことを「ポリコレ帽で殴る」だなんて揶揄する声もあるけど、受け入れることのできない他者を理解することは可能だと思う。

劇場版ガールズ&パンツァー(5/22)★★★★☆
美少女アニメなのに大体ドンパチやってるだけで最高だった。ラストバトルとか声優喋ってない。キャタピラと砲撃の音しかしない。みほちゃんの超冷静な指揮にはうっとりします。

ヒアノメ~ル(6/8)★★★★☆
原作の一番大事な部分である「殺人衝動を持って生まれてしまった自分は何故存在するのか」という葛藤部分が改変されたり、監督の趣味でユカちゃんが美人系からロリ系に変更されたり、古谷実っぽさが残っていたのは登場人物のファッションくらいで非常に残念ではあったのだが、構成の面白さと森田剛の怪演っぷりだけでも観る価値充分。

デッドプール(6/21)★★★★★
グロいし下世話で楽しかった。登場キャラクターがみんなイキイキしてたねー。もう一回観るときは絶対吹き替え版にしよう。

TOO YOUNG TOO DIE(6/26)★☆☆☆☆
相変わらずクド監は学芸会だなー。音楽目当てだったんだけどそれも使い方が残念だった。

機動戦士ガンダム サンダーボルト(7/8)★★★★☆
厳密には映画ではないんだろうけど、劇場で観てよかった作品でした。菊地成孔の手がけるジャズを流しながらの戦闘シーンはシビれた。好きなガンダムがGなのでビーム怖すぎてトラウマになりました。

シン・ゴジラ(8/4)★★★★★
ゴジラに思いいれもないし好みじゃないからなーと思ってたけど、評判がいいのでネタバレ踏む前に観にいったら、思ってたのと全然違っててメチャクチャ面白かった。会議もよかったし何よりゴジラが当時の職場付近を焼き払ってくれたのが超スカっとした。ずっとゴジラのことばっかり応援していたけど、パターソンさんのコメディリリーフぶりもよかったよ…。

ゴースト・バスターズ(9/2)★★★★☆
字幕にちょっと不満があったけどめっちゃ面白かった!エリン推しです。

 HiGH&LOW THE MOVIE(9/2)★★★☆☆
映画としては40点くらいだし、映画のメインである琥珀さん関連の話がクソつまんないんだけど、キャスティングと乱闘シーンのセンスがあまりに良すぎてうっかりハマってしまった。

聾の形(10/5)★★★☆☆
元々原作が大嫌いだけど、音楽が牛尾さんだったから…。アニメとしてはどのシーンの描写も繊細で上手かったと思う。しかし石田の声はもっとヤンキーっぽい人にびくびく喋らせてほしかった。

怒り(10/5)★★★★☆
今までぼんやりとしか考えていなかった沖縄問題について、骨の髄まで恐怖を叩き込まれた。レイプ怖い…レイプ絶対許さない…。あまりに沖縄篇が恐ろしくて、つまぶき×あやのに萌える余裕がなかったからそこだけ切り取ってもう一回見せてほしい。とにかく日本で最高の演技力を誇る俳優を集めてたけど、とくに最後ちょっとだけ喋る高畑充希がすごかった。

 HiGH&LOW RED RAIN (10/19)★★★☆☆
ザ・ムービーと同じく40点なんですけど、戦いに巻き込まれて絶対に死ぬと思ったアロワナが最後まで大事に扱われててそこだけでも最高だった。あと、このプロジェクトはドラマ・映画ともにアクションシーンと同じくらい評価したいのは、ちゃんと面影のある子役で過去回想をするところだと思う。

この世界の片隅に(11/23)★★★★★
生まれる時代が違っていたら、きっと芸術家になっていたであろう女の子の、芸術家としての死を描いた物語だと思った。彼女の目から見る戦争は今までのど戦争映画とも違っていた。この一年で一番恋愛シーンにどきどきしたのはコレかも。

 

いつもよりは断然映画館に行った年になったけど、映画を鑑賞しに行ったというよりSNSの祭りに参加してただけという感じもする。相変わらず邦画とアニメばっかりですが、今年はとくに邦画は当たり年だったのではと思います。
風邪が治れば年内にローグ・ワンを見て映画収めにしたいなあ…。